トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  生活  >  Born to dance

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

Born to dance

2017年03月20日

鼻息が荒くなってきた。

気温が上がり始め、あちこちに春の息が吹き込まれている。
福寿草は黄色い花を開き、フキが顔を出し始めた。

縮こまっていた身体の節々も氷解し、
雪解け水がどっと沸いて川筋ができていくように、
血が走り出した。
神経系、筋肉の働き、気の巡り、、、
身体に流れているものは全て、
春の気配に推し動かされている。

4月中頃から年末まで。
怒涛のダンスが繰り広げられる。
太陽が何物かを育てるのを止めない限りとことん付き合う。向き合う。
それが生産で、生活で、喜びだから。

踊り狂う用意はできてるか?

身体は滞りなく、しなやかでいるか?
心のチリは春一番で吹き飛ばしているか?

音を耳で聴かない。
音に合わせてステップをとらない。

身体の純度を高めて扉を開ける、
手を広げて全てを受け入れる、、、
宇宙の息吹と60兆個の細胞がブルッと共鳴すれば、
それは最高のダンス、パフォーマンスとなる。

身体は生命誕生それ以前の記憶を内蔵している。
状態を整えれば勝手に、とどめなく、キレッキレのムーヴメントがうまれる。
無為自然。
考えない。
それを発動させる、ただそれだけ。

究極の美は、ダンスにある。
神も自然も、すべて身体の動き、所作に顕現する。

準備はいい?
踊ろうぜ。

unnamed.jpg 
上から セラチューブ 青竹ふみ 縄跳び ストレッチポール

これらが僕の身体を創る最高のアイテム。

冬、このオフシーズンに心がけたのは、

・インナーマッスルの強化(主に肩甲骨回り、骨盤底筋群等)
・下腿筋群の強化、バランス(股関節周りの単関節筋)
・全体の柔軟性
・跳躍力、バネ力

とにかくこの生活はタフだから、
スポーツのアスリートが練習、試合前に充分身体をほぐすように、
毎朝、ストレッチポール、セラチューブで身体がいつでも動けるように整える。

自重でスクワット、腕立て伏せ、腹筋を鍛えて一日が始まる。

これはオンシーズンも同じ。

今季、冬のトレーニングとして縄跳びを取り入れた。
座り仕事で、下腿(特に左脚)の血流が悪くなるとの解消、
バネ力、跳躍力をつけることを心掛けた。
ピョンピョン、軽く動ける身体がいい。
肺活量、持続力もつく。

脚の都合、ランニングができないから、
骨盤を安定して水平に保てる縄跳びはとても有効。

気が巡る。

愛しき家族と、最近深くなりつつあるご近所の仲間。
もともとの仲間、、、

この生が、
自身の身体の好調と共に、
周りの人たちの心地いいバイブスによって肯定されている。

それが全てではないだろうか?

踊ろう。

この生を踊りあかそう。

狂え。

人の法則が自然のありかたに勝るわけがない。


スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

kazooさん

Author:kazooさん
整体師 健康管理士

一人宗教家
勝手に思想家・哲学者
生命探検家

老人になったら最高にオモロイ人になります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。