トップ  >  雑感  >  身体づくり

身体づくり

2015年04月03日

昨年の夏、移住がすでに決まったころから身体づくりが始まった。

なんにしろフィールドでしっかりと遊びつくす、
農、狩猟採取、大工仕事、、、
ありとあらゆる身体を使った作業が待ち受けているのだから、
やわではいけない。

肉体労働はうってつけだ。
なまくらなカラダに今一度ガツンと火を入れるのさ。

とくに農作業は下半身が安定していることが求められる。
下半身の安定は、
骨盤底筋群の簡単に言えば踏ん張りによる筋力も求められる。

重い荷物を腰より上に持つとき、
グッと骨盤底筋群が締まるのが分かる。
下腹部も瞬発的に力が入る。

ヨシヨシ。
骨盤周りの筋肉(臀筋、骨盤底筋群、腸腰筋、下腹横筋、ハムストリング、四頭筋)
の弾性が増している。

代謝が上がった。
動いているのだから当然だけど、
米をよく食べる割には体重が減っている。
そして、お腹がよく鳴る。

余計な脂肪が落とされているかな。
身体が軽い。

何か、発散されているように感じるんだ。
代謝が上がるってことは停滞することがないってことだからかな、、、
軽いし、気持ちがいい。

これから田んぼが始まり、
畑仕事、突然の狩猟採取が待ち構えている。

持久力が欲しいところだけれど、
これは限界を知って、それを超える、
みたいなことを繰り返して得られるものだから、
これからこれから。

身体の使い方を知っているのは本当に良いことだ。
もっと義務教育でやればいいのに。

僕の場合、左股関節がこんな感じだから、
例えば右の腰に不調を感じた時、
どうなったのか、どうすれば治まるのかが分かるから、
気づいたときに、都度なおしていく。

この、問題が小さい時にいかに簡単に処理するかが、
その後を決めていく。
無視は事が大きくなるだけだ。

結局は身体資本主義だからね。
この箱をその時必要な動きに合わせてどう乗りこなすか、
これに尽きる。

そんな訳で人生で一番身体を感じているし、
身体のキレを感じる。

スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

kazooさん

Author:kazooさん
整体師 健康管理士

一人宗教家
勝手に思想家・哲学者
生命探検家

老人になったら最高にオモロイ人になります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ