トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  個人神話  >  ふたつの誕生日

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

ふたつの誕生日

2014年12月13日

12月13日

僕の二つ目の誕生日。

二つ誕生日がある。

生きている間に生まれ変わることなんて珍しいかもしれないけれど
僕はあった。

15年前、1999年12月13日、、、
僕はバイクの交通事故をした。
車に脚をぶつけられた。

それから4年。
仕事はできず、ひたすら入院していた。
多感な時期、27歳のころ。

あの経験がきっかけで僕は変化した。
色が赤から青になるくらいの変化だった。
基本のキャンパスは変わらないけれど、描かれる風景が変わった。

それは僕の、どうにもならない、
もどかしい、超えようとしても超えられなかった、
ふんまんやるかたない何ものかが落ちてとれた長い瞬間だった。

神がいるのか、いないのか?

それは分からない。

でも、それを感じさせるくらいの恩恵を受けることがある。

あの経験で分かったことが一つ。

ものごとはネガティヴなんて無い、ってこと。

生きててアゲインストな風は吹くときもある。
イヤな出来事、イヤな人、わけも分からないけどイライラする、、、
それでも、その状況をしっかり見つめて、それを乗り越えた時、
新たな、思いもよらないほどの強い自分を、何事にも揺れない自分を得ることができる。

僕はポジティヴシンキングがどうもしっくりこない。

ネガティヴに感じること。
それはいつしか自分にとって素晴らしい経験になっている。
これが今の僕の、あの経験をしたからこその応え。

向き合えば。
一時的にその辛い状況から逃れることは大切だ。
ただ、一呼吸ついたとき、
もう一度状況を覗き込んで、
何が悪かったのか、それを見つめて自分に何が起こったのか、
それをふまえて自分の今の心持ちがどう変化したのか、
じっと感じてみると良い。

実はその出来事が、
自分のより良い成長を後押ししていることに気づくだろう。

それは何にも代えがたい、自分の成長におけるとっておきの財産なんだ。

ああ、今の自分はまだまだ完璧じゃないけれど、
あの経験があったから、豊かな気持ちになれているし、
何よりも素敵な家族があるし、
心地よい人付き合いができている。

12月13日に感謝、感謝。

スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

kazooさん

Author:kazooさん
整体師 健康管理士

一人宗教家
勝手に思想家・哲学者
生命探検家

老人になったら最高にオモロイ人になります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。